オメガ3脂肪酸

最近話題のオメガ3とは?

オメガ3は身体に必要な必須脂肪酸

オメガ3脂肪酸サプリ 画像

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。

 

 

飽和脂肪酸

 

飽和脂肪酸は常温で固形となるものが多く、
例えばバターやラード、牛や豚の脂身などに含まれます。

 

飽和脂肪酸は体内でも作り出すことが出来るので、
食事からそれほど多く摂る必要の無い油脂です。

 

 

不飽和脂肪酸

 

それに対し、不飽和脂肪酸は常温でも液体のものが多く、
魚油や植物性の油に多く含まれます。

 

不飽和脂肪酸の中でも構造から一価不飽和脂肪酸と
多価不飽和脂肪酸というものに分けることが出来ます。

 

この内、多価不飽和脂肪酸は体内で合成が出来ません。
しかし身体に必要なものなので食事などから摂る必要があります。

 

これを必須脂肪酸と呼びます。

 

 

必須脂肪酸の分類

 

必須脂肪酸といっても、さらにそこから分類できます。

 

構造の違いからオメガ3とオメガ6に分けられます。
(因みに一価不飽和脂肪酸はオメガ9となります)

 

オメガ3とオメガ6はそれぞれ対照的な働きをします。

 

オメガ3に抗アレルギー作用があるのに対し、
オメガ6にはアレルギーを促進する作用があったりします。

 

 

オメガ3とオメガ6のバランス

 

必須脂肪酸だからととにかく摂れば良いのかというと
そんなことはありません。

 

なにも考えずに摂るとそのバランスが崩れてしまいます。

 

オメガ3:オメガ6の比率は理想としては
1:4が良いとされています。

 

しかし実際のところ、食事での摂取はオメガ6が断トツです。

 

1:10や1:20になっているといっても大袈裟ではないでしょう。

 

その理由は食生活の欧米化にあります。

 

オメガ6は紅花油やゴマ油、サラダ油やコーン油、
マヨネーズなど、日頃の食事でよく見かけるものに含まれ、
現代人はどうしても過剰に摂りがちです。

 

 

それに対してオメガ3はイワシなどの青魚、オキアミ、肝油、
エゴマ油、シソ油、亜麻仁油、クルミ、緑黄色野菜、
豆類などに含まれています。

 

意識して取らないと不足しがちなものや
通常の食事では摂れないものが多くなっていますね。

 

 

細胞膜を構成する脂肪酸

 

脂肪酸は細胞膜を構成してる成分なのですが、
オメガ3、オメガ6、オメガ9のバランスも重要で、
バランスが崩れた細胞膜の細胞の働きを低下させてしまいます。

 

 

オメガ3脂肪酸とは

 

オメガ3脂肪酸は魚油やエゴマ油などそのものではなく、
それに含まれるDHAやEPA、αリノレン酸などを指しています。

 

αリノレン酸は体内に入るとDHAやEPAに変換されます。

 

主な効果はコレステロール値の調節、血圧を下げる、
血栓がを作られにくくする、抗アレルギー作用、
記憶力の向上などです。

 

 

身体に必要不可欠で良い効果があるオメガ3ですが、
その取扱いはとてもデリケートなものです。

 

酸化に弱いので、高温で加熱しない、空気に長く触れさせない、
光にあてない、高温の場所に置かないなど、
保管や調理の仕方に気を付けなければいけません。

 

そして一度封を切った油などは
なるべく早く使い切らないと劣化してしまいます。

 

 

多量に摂れば良いわけでもない

 

オメガ3には様々な健康効果があり、
体内を構成する重要な成分にはなりますが、
むやみに多く摂れば良いという事にはなりません。

 

油なので摂り過ぎれば脂肪が付きやすくなったり、
ニキビが作られやすくなったりしてしまいます。

 

もちろん他の脂肪酸とのバランスも大切です。

 

オメガ6も決して悪者ではないんですよ。

関連ページ

オメガ3の効果や効能について
オメガ3脂肪酸サプリの効果など特徴について詳しくご紹介しているコラム記事です。
オメガ3サプリに含まれる成分とその効果とは?
オメガ3脂肪酸サプリの含まれる成分について詳しくご紹介しているコラム記事です。
オメガ3サプリに効果的な飲み方や副作用はあるの?
オメガ3脂肪酸サプリの副作用について詳しくご紹介しているコラム記事です。